宮城県仙台市若林区上飯田1-21-18

予約電話022-282-4893

(午前8:00より受付)

おたふく風邪・水痘など、うつる病気と思われる方は、予約時にお申し出ください

診療予約はお電話にて承っております。

一般診療予約専用電話(午前8:00より受付)

TEL 022-282-4893

専門外来予約電話(午前9:00より受付)

TEL 022-286-8811

クリニック案内

医院名
医療法人社団
たかやなぎこども医院
Takayanagi Children's Clinic

院長
高柳 勝
住所
〒984-0838
宮城県仙台市若林区上飯田1-21-18
(旧・藤木こども医院)
診療科目
小児科
電話番号

(代表)専門外来はこちらへ

022-286-8811 


(予約専用)

般・予防接種乳児健診 

022-282-4893

 発熱、嘔吐、下痢などの感染症のほか、てんかん、ぜん息、頭痛などの慢性疾患にも対応しています。

土曜日の午後も4時まで診療しております。

予防接種乳児健診、発達相談、脳波検査も承っております。

予防接種

当院では、感染防止措置として予防接種・乳児健診の時間帯(14:00~15:00)を別枠で設けてあります。

前もって予約専用電話(022-282-4893)にてご予約をお願いします。

母子手帳と各ワクチンの予診票をお忘れないようご来院ください。

あらかじめ、予診票と予診票下段の個人票の太枠内をご記入の上お越し頂きますとスムーズです。

定期接種(制令で接種対象年齢が定められているもの)

仙台市,宮城県各市町村の公費助成券をお持ちください。(無料です)

Hib(ヒブ)

Hibによる細菌性髄膜炎などの重症感染症を予防する目的です。生後2か月から5~6か月になる前に初回3回の接種を済ませましょう。

初回3回終了後7か月~13か月の間隔をおいて追加1回

肺炎球菌

肺炎球菌による細菌性髄膜炎などの重症感染症を予防する目的です。生後2か月から5~6か月になる前に初回3回の接種を済ませましょう。

初回3回終了後60日以上の間隔をおいて生後12か月~15か月に至るまでに追加1回

B型肝炎
生後2か月に至った生後9か月に至るまでの期間に1回目その後27日以上あけて2回目、1回目から139日以上あけて3回目接種

4種混合(DPT-IPV)

1期

生後3か月に達した時から生後12か月に達するまでの期間に20日以上あけて初回3回

3回終了後、生後12か月に達した時から18か月に達するまでの期間に1回

麻しん・風しん混合(MR)

生後12か月~生後24か月に至るまでの間に1期1回

5歳以上7歳未満で、小学校就学に達する日の1年前から就学前までに2期1回

水痘
生後12か月~生後15か月に至るまでに1回。1回目終了後3か月以上、できれば6か月~12か月の間に2回目
日本脳炎

生後6か月~生後90か月の間に1期初回、6日以上あけて28日以内に2回目。2回目終了後6か月以上あけて追加1回。3歳に達した時から4歳に達するまでの期間が標準

9歳以上13歳未満の間に2期1回

2種混合(DT)
11歳以上13歳未満の間に2期1回
子宮頸がんワクチン中学1年生となる年度に、期間を分けて3回。ワクチンにより、接種時期がことなります。(ガーダシルは1回目の接種を行った2か月後に2回目、6か月後に3回目。サーバリックスは1回目の接種を行った1か月後2日目、6か月後に3回目)

生後6か月までに受けなければならないワクチンは6種類以上もあり、回数にすると15回以上にもなります。

これを一回ずつ受けていては接種が遅れがちになり予防の意味がうすれてしまいます。また、予定していても体調を崩して計画通りには進まなかったりすることもあります。そのようなことにならないように複数同時接種が一般的になりつつあります。少しでもはやく確実に免疫をつけてあげられるようにしましょう。

任意接種(定期以外の年齢で接種する場合)

おたくふかぜは一部助成あり、他は有料となります

おたふくかぜ
1歳以上で1回、小学校入学前までに追加1回が推奨
インフルエンザ
6か月以上13歳未満は2回、13歳以上は1回
ロタウイルス
生後6週~24週までに4週以上あけて2回、または生後6種~32週までに4週以上あけて3回。(ワクチンの種類によって変わります)
ワクチンデビューは、生後2か月の誕生日

プレパレーションとディストラクション

予防接種や注射に際してご不安になるお子様に、ディストラクション(気晴らし・気そらし)、プレパレーション(心理的準備)を行うことにより、むやみな不安感や実際以上の痛みを感じないですむような工夫を心がけています。